キッチン その2



その2です



そもそもですね キッチン という カタカナ言葉・・・

この間、 キュイジーヌ=フランス語の調理場又は調理である事を知り

あ、多分 英語の kitchen (キッチン)

 フランス語の cuisine (キュイジーヌ) 

は 同じだろと思いました



つまり、英語の キッチン は 場所 を表してますね


なのに、日本語では システムキッチン という言葉に代表されるように、

キッチンと言うと 場所よりも 流し台 とかのモノを表すことが多いです





流し台そのものを I型キッチンとかL型キッチンとか言ってます



対面キッチン とか、アイランドキッチン とかの言葉も

調理場という 場所 の概念よりも、空間における流し台の置き方

のイメージのほうがよっぽど強いと思われます


独立キッチンとかオープンキッチンと言うと、何となく 場所 の感じが出てくる?


でもですねー 

あふれかえっている キッチンあれこれの 解説HPみたいのを読むと


オープンキッチンは 対面キッチンの事で、

独立キッチンは 壁付けキッチン だと言ってるのもあったり



だんだん めんどくさく なってきますな・・・

ですからね、

流し台 とか 台所 とか 日本語で言いましょ って思うわけですよ




と言うわけで、前回ブログ キッチンその1 の秘密を話します


e0172341_12561377.jpg















 













流し台の側面を建築壁で作ってその分天板を伸ばしてる


って話です 


秘密をばらすなって まるおが言いそうなので、さらっとね



























[PR]

by miraye | 2017-12-18 12:23 | 負けシェフの晩餐 | Comments(0)

<< キッチン その3 キッチン その1 >>