<   2013年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

現場研修

私は入社してすぐ、とある現場で研修をさせてもらっております。

初めは何をしていいのかわからず、図面を持ってウロウロしておりました。

しかし現場にいる大工さんの「やってみるか?」がきっかけで、

今では自前の腰袋なんか持ってきちゃったりして。
e0172341_19515488.png

図面より大工道具を手にしている時間の方が長いです。

汗をかいて造った物は愛着も湧き、記憶に残りますね。

何でも教えてくれて、道具も自由に使わせてくれる優しい大工さんがいる。

この幸せな環境で勉強させてもらえている時間を大切にしたいと思っております。

今後は現場で起きたことを投稿していきたいと思っております。
[PR]

by miraye | 2013-05-31 19:53 | 丹治のへなちょこ日記 | Comments(0)

はじめました

初めまして、4月よりミライエホームに入社いたしました丹治です。

e0172341_18122858.png







プロフィール
氏名:丹治和仁
生年月日:平成2年4月21日
出身地:千歳市
趣味:欧州サッカー観戦
趣向:クロスバイク(自転車)


さっそく社長にイメージキャラクターを頂きました。
e0172341_18112964.jpg

そうです、日本でも愛され続けているスライムです。(笑)



早いもので入社してから2カ月が経とうとしています。

2回目のお給料もいただき、すっかり学生気分も抜けてきました?

まだ何もできない身ですが、ひとつでも多く知識を付け、会社の戦力となり......



.....そして

失敗を恐れずチャレンジする心を忘れない。

このことを社会人として忘れず、日々成長していきたいと思います。



こんな見た目も草食系の私ですが、みなさんどうぞ宜しくお願いします。
[PR]

by miraye | 2013-05-29 19:10 | 丹治のへなちょこ日記 | Comments(2)

CM

北海道の建築家その2 師匠編 の前に コマーシャルです

この4月、我社に 新入社員 が入りました。

んで、名誉ある 「へっぽこ」 の称号を 佑輔から引き継ぎ、 二代目へっぽこ として現場研修しております

新シリーズ  二代目へっぽこ「丹治のへなちょこ日記」  はじまりまーす

ちなみに、「初代へっぽこ」 は、もはや立派な 「ロトの騎士」 に成長し、我社の中枢戦力となっております

よって、へっぽこ日記なんぞ書けるかーい!! てなもんで、さっぱり投稿しなくなったとの事 


「へっぽこ」時代の佑輔

e0172341_8161550.jpg

中央ではない!! 左下じゃ!







今の佑輔
e0172341_8173880.jpg

うーん カッコよすぎか?










そして 丹治君! 君は ここからのスタートじゃ!!
e0172341_822985.jpg

[PR]

by miraye | 2013-05-29 08:24 | 負けシェフの晩餐 | Comments(0)

北海道の建築家その2


自分には  師匠  がいる。

シリーズその2で 師匠 を登場させるのもどうかと思うが・・・

  (すいやせんね師匠・・・m(__)m 


大卒ペーペーから、その師匠に たたきあげられて 今が有る

その頃は、超ビンボー事務所で、最初の半年は無給で、でっち奉公みたいな感じであった

でも、当時~以前は 建築の修業期間と言う事で、 まぁ、よく聞く話で あまり珍しくは無い

自分より10歳年長なので、当時 師匠は 30代前半 


今でこそ 北海道の建築家の中でも  大先生の重鎮 ですが、当時はホントに無名でビンボー・・・

  (すいやせんね師匠・・・m(__)m 
    

で、 話変わって、我々の世代の、建築に携わる人間で、海外の建築家で、当時人気トップクラスだったのがスイスの建築家 マリオ・ボッタ である。

e0172341_105156.jpg


とにかく カッコイー のだ!
カキカキ シャキーン としながら 優しさや豊かさを内包するデザインが、雑誌に登場するたびに、

 「あー、カッコイーなー すげーなー 」 と 見惚れていたものだ


ある日の昼休み・・・ あーマリオ・ボッタ カッコイー すげー と 雑誌を見ながらつぶやいていた・・・

それを聞いた師匠は 

  「なーお前ら・・・俺も、マリオボッタと、同じ時代、同じ空間を生きている 建築家だ。
    所員にそんな事言われると 悲しくなるな・・・  」

と 仰った・・・

衝撃だった・・・ 明日をも知れない 経営状況の中・・・(すいやせんね師匠・・・m(__)m 

この師匠は・・・世界を見てるんだ・・・ その 夢、自覚、プライド、意地・・・



その瞬間に、 プロとして生きていく為の  魂  の様なものを学んだ気がする。





    
そうして30年  いろいろあって今になり 建築 で他人に負けてたまるか という 意地 だけは確実に受け継いだ 弟子 が自分である

なので、相手が その1 だろうが 切れ味だろうが 負けたくないのだ!


  

   
 
うん 次回は 師匠 について 再び語る・・・ 
[PR]

by miraye | 2013-05-27 10:56 | 負けシェフの晩餐 | Comments(0)

・・・感激だ。

こんにちは

まるおです!



非常にご無沙汰しておりました(;一_一)


ようやく春らしい日が訪れてきて

住宅をご検討している方々も多くなってきましたね!と言うか、


多々・・・。

アー!多多多多々!ア多ー!!

って位、多くなってきました(笑)


正直忙しいっす。(こんなこと言うと社長に怒られる・・・。)



まるおが計算間違いなどなど起こしていた時は

皆さまご指摘ください。(-_-;) よろしくおねがいします!!





さてさてさて、

昨日の良い出来事をお話したいと思います♪



家でせっせかと掃除・洗濯・食事の用意をしていると(今は我が妻、里帰り中。。。)

「ピンポーン。隣の○○です~。」

とお隣の方がお越しになり、

「栄養足りないでしょ?」って

妻がいないのを知っていて、食事にと魚の煮つけを(お)すそわけしていただきました(*^^)v

札幌に来てから、初おすそ分けでした!



この時代だし、あまりご近所付き合いも無いですが、

我が家の周りはやさしい方々ばかりで、

一人なのを気にしてくれていた事に凄くうれしい気持ちでいっぱいになりました!



家を建てる時には

「町内会とかめんどくさいな~」

なんて思っておりましたが、正直協力できるなら頑張ろう!

って気持ちになりました。


昔もこれからも、周りの人たちとコミニュケーションがとれる街づくりが出来るように

頑張りたいと思うひと時のまるおのひと時のお話でした(#^.^#)





≪コメント≫確認したところ指摘の通り、誤字脱字がございました・・・。 疲れてるな~(笑)
[PR]

by miraye | 2013-05-24 11:00 | 「まるお」の時間 | Comments(1)

北海道の建築家その1 

北海道の建築 の デザインレベルは 全国的にも断然高い

しかも積雪寒冷地であるが故の 機能 性能 も 本州とは一線を画して高い

なかでも、デザインの キレ味 においては この人が北海道でナンバーワンと思う建築家が居る

最近リニューアルされたHPには 高名な服飾デザイナーさん と自宅でワインで一杯やっている姿がアップされている

実に ブルジョアジ― で おしゃれで お金持ちっく な香りがする



建築とは関係ないけど

つるの剛士 や 中山秀征 という 子だくさんタレントさんが居る

多分 今や ビンボー な訳ないけど 彼らには 独特の 強さ を感じる

もちろん自宅に招いた事も無ければ、会った事も無いけれど

自分が感じる その 強さ とは


4人の子育て… 

洗濯や掃除のような家事手伝い、おむつの交換、ご飯を作る・・・ 



あっちで2番目の子が転んで泣いて、こっちで一番下の子がウンチして、その前で3番目が牛乳をこぼす

一番上はそれらの喧騒をモノともせず、テレビ見ながらご飯食べてる


子供の喜ぶ事を一生懸命やる

ママの喜ぶ事を一生懸命やる

家族との絆を深める為に 家族を幸せにするために お父さんは一生懸命働く

そういう 強さ  

自分も4人の父なので  その光景が ありありと浮かぶ

そして その光景は・・・ 「 家 」  で起こっている 

そういう 家 を作らせたら 自分は 北海道で ナンバーワン だと思う



さあ ・・・ 本日のブログ・・・  どういう オチ なんでしょうか・・・





負けたんです キレ味 に・・・  ・・・  ・・・
 


ま、そういう方 と 競合 になったって事は そん所そこらの住宅会社とは違うねって事なんだけど

 「K1」 も 一緒に負けちゃった って事も 唯一の救い なんだけど・・・

負け記事は もう 出したくないなぁ 


よし! 自宅に つるの剛士 呼んで 一緒に洗濯してる写真で対抗ってのはどうよ?

 



 
[PR]

by miraye | 2013-05-22 08:28 | 負けシェフの晩餐 | Comments(2)

薪ストーブ

滅茶苦茶な天気のGWも終わり、5月8日水曜日 出ずっぱりの社長の久々の休日であった

冬場の積雪でぐずぐずになったウッドデッキを修理し、

おそらく近所で初であろうバーベキューを執り行ったが、

寒いもんだから早々に切り上げ、

火遊びし足りないので 薪ストーブを燃やした・・・

     ストーブ燃やすって北海道弁だべね・・・

     ストーブは鉄だから・・・そう簡単には燃えないけど ストーブ燃やすんだな 

     ストーブ焚く とも言うな・・・ストーブ焚いても食えないけど・・・

     いや 焚く でなくて 炊く だから そっちは



で! 薪ストーブってのは、薪を突っ込めば燃えるって代物ではなく、非常にデリケートなもので、

ちゃんと見てないと機嫌が悪くなるんです

見てあげて、こまめに空気調整をしてあげたりすると、機嫌良くクリーンバーン、所謂 完全燃焼するのですよ

クリーンバーン後は燃えカスは殆ど残らず、サラサラの白い 灰 だけが残る訳です

e0172341_13361432.jpg


ここに至るのに2年掛かりましたよ

初めて燃やしたときなんか、家の中 煙 もうもう になったから・・・

家族に もうやらないでくれ と言われながら 10回くらい失敗して・・・

不完全燃焼の煙は、すごく臭いんだけど、ご近所の皆さまにもご迷惑かけました




修行の結果!完全マスターしました


 見て!この機嫌の良い燃え方!!



 ・・・人生に通じるものがあるなー  

それにつけても 勝てないなー ファイターズ・・・
[PR]

by miraye | 2013-05-10 13:51 | 負けシェフの晩餐 | Comments(0)