あいうえお順の1番の彼

建築家とあたるケースはそうそう多くはないのですが、北海道の建築家が、あいうえお順で並ぶと真っ先に出てくる彼とは3回あたり、3回とも撃沈でした。


情けない・・・


e0172341_1710118.jpg


この家は彼と最初にあたった時の一品です


ミライエの事務所から、そう遠くはない場所に、それは建っております


結構広い敷地に親御さんの家がすでに建っており、
二人の子供に少々敷地を分けて建築するという計画で、
既にお姉さん家族の家が建ち、最後に空いた土地に建てるものでした。


すでに建っている2棟が、よく考えないで作られているもんですから大変です


つまり、大きな木のある奥の庭への車動線、たまには3家族でバーベキュー、
一方では独立した家族としてのプライバシー確保、等、
敷地のの使い方・・・繫げ方・・・ちょっと一筋縄ではいかない条件でした

苦悩の末、通り抜け式のカースペースで見事に難問を解いたのですが・・・

やられてしまいました・・・

敗北も忘れかけたころ、偶然敷地の前を通りかかり、彼の作品を見て思ったこと・・・

あー・・・すごい・・・
ここまでやるか・・・
・・・こりゃ負けて当たり前だわ・・・

参りました・・・ 



てな感じで、完全に脱帽でした


若くて、ルックスも良くって、腕もたつ。
道北の田舎に住んでる彼と並んで、今、北海道で最も、ノッてる建築家でしょうな・・・

もうあたりたくないよ・・・おじさんは・・・
[PR]

by miraye | 2009-07-17 17:48 | 負けシェフの晩餐 | Comments(0)

<< もちろん 勝つ時も有る!! 室内プールのある家 パートⅡ >>