プロセス

プロセス・・・



チーズではないよ 

本日の晩餐は少々趣向を変えてお届けします。

厨房の裏側と言いますか…
創り手側から見た、家が出来あがる過程をちょっとだけお見せしようと思います。


これはものすごい企業秘密にも該当します。

取り扱いは厳重に注意してください。



さて、まずは、勝ち戦も負け戦もすべてここから始まる「ヒアリング」

お客様から様々と、ご要望やら夢やら心配事やらお伺いするわけです

そして、敷地や方位や周辺状況を踏まえて、概ねの方向性を出していきます。


e0172341_11495980.jpg





うーん・・・いくつか誤字がありますな・・・



次!

完全な裏方  
エスキースと呼ばれる段階



設計者の最大の難関であり、最大の楽しみ

e0172341_1159152.jpg



平面と断面と外観デザインとインテリアイメージと特徴的なディテール等・・・悩み苦しみ考えます

ここに全てが詰まっています。

ボールを遠投しようとするとき、最も遠くまで飛ぶ初期角度があるように、

ヒアリングの結果を膨らませて、よりカッコ良く、より合理的に、より機能的に、家の方向というか、角度を決めていくわけですな


このお家は、かなりあっさりひらめいてます。

これが


e0172341_12133381.jpg



こうなります


この段階までは複数の会社が提案を行うわけですが、決まるのは1社のみ。


負ければ晩餐のネタ・・・、勝てば次のプロセス・・・めでたくご契約


そこから本格的な打合せが始まります



例えばこのお客様は太陽光発電を検討されておりました。

この絵は南側にある家の日陰の影響を検討しているものです


e0172341_12231430.jpg



どうすかね?多分、ミライエホームはデザイン上手の会社と思われているかも知れませんが、

実は、私は、かなりのハードお宅なのです。

太陽光発電の知識は元より・・・というのも前職の全国ネットの大手住宅会社でソーラーハウスを発売した時に、北海道で記者発表したのは私です

有名な断熱材、A化成のNフォームのⅠ地域用次世代省エネ型式認定取得を裏で操ったのは私です


長期優良住宅の耐震等級計算から、熱損失係数の計算、殆どの会社が外注している中、自社で出来るようにシステムを作ったのも私です

自慢か!!!?


自慢じゃ!


長期優良住宅についてはホント自慢していいと思うな・・・


ま、いずれ、 「負けシェフの自慢話」 というコーナーをつくろう。





んで、

打合せは記録は、このように、必ず書いて残します


e0172341_12561366.jpg



モノは口では作れない  モノは頭と手で作る ・・・ ミライエ社訓!!


うんうん、社長自ら実践。  社員諸君!見習いたまえ!! 



そしてこれらの頭と手が掻いた汗に、更に現場で掻いた汗の結晶が集まって



こうなる!!



e0172341_1329234.jpg




ちなみに、このお家は へっぽこ佑輔が、2ヶ月間現場研修で通い詰めたお家です


どうっすか?  汗臭く無いすか?  だいじょぶっすか?
[PR]

by miraye | 2010-03-17 13:44 | 負けシェフの晩餐 | Comments(1)

Commented by N at 2010-03-24 13:16 x
汗臭く無いすよ!
だいじょぶっすよ!(笑)

By N

<< 何てことでしょ~~ ホワイトデー♪ >>