人気ブログランキング |

保存版「勉強会」その2カラマツⅣ




人生 良い事も有れば悪い事も有る









カラマツだって良いところも有れば悪いところもある


てなわけで、今日は悪いところについて


実は、道産の建築用木材の代表は あおき と呼ばれるエゾマツ トドマツ だ
保存版「勉強会」その2カラマツⅣ_e0172341_08014933.jpg

















あおき・・・漢字だと 青木・・・

北海道の建築に携わる人間が初めて青木という言葉と実物を認識した時



青くないべや!

白いべや!



北海道弁でこのように絶対に思う 


自分も解らない・・・なんで白いのに あおき と言うのか


何にせよ代表格は あおき

残念ながらカラマツではない・・・
保存版「勉強会」その2カラマツⅣ_e0172341_08021959.jpg



















それはなぜか・・・

エゾマツトドマツと比べた時・・・


1、硬くて重い
  年配の大工さんはカラマツが嫌いだ
  
  硬くて切りずらい

  鋸やノミの 刃 が負けて手入れが大変

  重いのもキライ だからカラマツ嫌い


2、ねじれ、曲がり、あばれが大きい
  そもそも木は動くのだけど、カラマツはその度合いが大きい

  だから、ちゃんと付けたのに開く

  壁の中で動くから、表面仕上げに影響が出やすい

  だからカラマツ嫌い



3、脂(ヤニ)が多い
  べとべとする

  造った後、いつの間にかヤニが出て汚れる
  
  クレームになっちゃうから嫌い



これらの特徴があるので、カラマツは 扱い難い樹 

青木グループは 扱い易い樹 


その結果 青木グループが木材の代表格になったのだ





うーむ・・・こんなこと書くと カラマツってダメじゃん!と思われるな・・・

硬くて重い のは 強い の裏返し

ハイレベルの人工乾燥 と 集成材 にする事で、あばれを最小化している

ヤニ が多いから腐りにくい


のだ!






いやいや、カラマツを正当化したいわけではない

それぞれ 特徴 があるから、それを解って使おうねって事






炭坑の町が無くなって時代も変わって、今、あおきの呼び名の主流はエゾトド 

だんだん あおき と言う大工さんが減ってきた


人生 良い事も有れば悪い事も有るのだ 
保存版「勉強会」その2カラマツⅣ_e0172341_08555919.jpg


















今や、この オチ が解る人は、ココを知ってる、極少数だろう・・・



ん? その ココロ ですか?



それは次回つう事で











 






by miraye | 2016-03-06 09:08 | 負けシェフの晩餐

<< 保存版「勉強会」その2カラマツⅤ 保存版「勉強会」その2カラマツⅢ >>