トイレ その1


キッチン という言葉と同様に

トイレ という言葉も又

便器そのものを示したり、便所という意味での部屋を示したりする


語源を調べるとやっぱり

toilet room=トイレットルーム となってて

キッチン と同じように部屋の事だ



しかし、アメリカの用便の為の部屋は、

便器だけ単品で置いてある部屋ではなく、

ほぼ風呂とか洗面とかと一体の部屋で、

レストルームとかバスルーム とか言うわけだ





んで、 toilet=トイレット となると、

フランス語の  toilette =トワレット となり

化粧 とか 身支度 の意味だという


日本語では お手洗い のニュアンスに近いとの事だ



話題がトイレだけに 偉そうに うんちく たれてるが

全部 ウケウリ である






昔 松下電工=パナソニックから

アラウーノ という便器が出た時は、結構センセーショナルだった



それまで TOTOもイナックスも、昔からの陶器メーカーなわけだから、

便器の内部は絶対に陶器であらねばならない!

そうでなければ汚れが取れない!

としていたところ、プラスチックになっちゃったわけで

当時、それら既存メーカーは、けちょんけちょんにプラスチックをけなした



だが、松下電工の ウリ は その汚れに対して

トイレがトイレをアラウーノ


というキャッチフレーズ洗浄機能で対抗したわけだ


e0172341_12164606.jpg





























てな もんだ












だが その当時・・・

いや、今でも・・・

トイレがトイレをアラウーノ は 











こんな状況や
e0172341_12173192.jpg








































こんな状況を・・・

e0172341_12171719.jpg































想像してしまうのは 私だけではあるまい・・・




















































[PR]

by miraye | 2017-12-20 18:11 | 負けシェフの晩餐 | Comments(0)

<< PC復活 キッチン その3 >>