恥の上塗り 換気の話 その5

物凄い雨だった


こんな日は洗濯物が乾かなくて困る

乾かなくて困ってるのに、ひと時も休まず換気システムは動き続ける

相対湿度100%に近い外気をどんどん室内に送り込む

洗濯物からもどんどん水蒸気が出るから、100%湿度の等価交換をしてるようなもんだ




だがしかし! 

この場合、24時間換気システムと、室内干しの洗濯物をごっちゃにしてはいけない

例えば事後のトイレの臭い、料理中に出る脂分や臭いや煙、お風呂の湿気、

これらは、時間的にも場所的にも限定的な空気汚染で、洗濯物からの水蒸気の放散はこれに当たる

汚染というのは厳しすぎるか・・・

事後のトイレがいくら臭かろうが死にはしない

だが、人が自ら呼吸によって排出する二酸化炭素の濃度によっては人は死に至る

だから換気が必要なのだ

ただし!24時間機械換気を法的に縛ったシックハウス法は、建物内に人の居る居ないは関係ない

あくまでも、建材や家具や建物の仕上げ材に含まれる、有害な揮発性物質が放散した室内空気を機械的に除去するのが目的の換気なのだ

全然意味合いが違うのだ


その挙句、自分自身がさっき息巻いたように、機械換気と洗濯物、機械換気と室内の結露、人向けの換気と限定的局所換気等が、ごちゃまぜで語られている

それがおかしい!と言っているのである。



憤ってまだまだ上塗るぞ!換気の話





































[PR]

by miraye | 2018-07-06 12:08 | 負けシェフの晩餐 | Comments(0)

恥ずかしながら換気の話 その4 >>