人気ブログランキング |

初めての敗北

ミライエホームは平成15年10月10日に創業しました

もうすぐ丸6年・・・

勝ちも負けもたくさん繰り返してきましたが

創業間もないころの・・・初めての・・・負け!! が、この一品です

e0172341_1021720.jpg


お客様は一人暮らしで、車大好き。

秘蔵の愛車はハコスカのスーパーシャコタンバージョン。その他2台

一人暮らしの使いやすい小さい家で良い

車好きの友達が来てバーベキューしながら車談義ができるような暮らしが良い

ハコスカとは、ごはん食べる時も、テレビ見てる時も、いつも見ていたい!
一緒に寝たいくらいだ・・・という方

こういうコンセプトは、プランニングするほうは、めちゃくちゃ面白いです

腕に覚えのある設計屋さんなら皆そうです。

が!前回のブログでも書きましたが、

北海道でそれをやるのは、本当に高い技術力と、解決策をひねり出す深い知恵が必要で、車と一緒に暮らす家を作るなんてことは非常に難しいことです。

負けの原因はそこにありました。


敵は名もない?工務店・・・家の中に車入れるなんて無理だ!!
と最初から普通の家を提案していたらしいです

当然、金額も安いです・・・当り前です

・・・ 金額っていうのも、大きなファクターで・・・
今でこそ相当のコストコントロールの引き出しができましたが、当時はやっぱり稚拙・・・

結局お客様は・・・安くて・・・まぁ・・・普通の提案に・・・乗ってしまいました・・・

悔しかったなあ・・・初めての負け・・・


でも・・・コストコントロールの稚拙さもさることながら・・・

スケッチも・・・ このころは・・・ はっきり言って・・・へたくそ・・・だな

# by miraye | 2009-08-01 10:26 | 負けシェフの晩餐

・・・あれ(^-^;

本日当社は営業部の方々の定休日になります。

営業の方々は土日祝日出勤されていますので水曜と木曜が定休日になっているんですね~


そして同じように土日祝日出勤している社長の定休日でもあります。

最近は水・木も社長は出社していましたから…今日は久しぶりにお休みですね(^-^)

ゆっくり休んでほしいと思います。


今頃映画でも見に行ってるんでしょうか?(*'-'*)


それはさておき、通常出社している建築部の方々も水曜日と木曜日に合わせて休日出勤の代休を取ることが多いのですが…今日は人が少ない( ̄□ ̄;



私を含めて4人しか出社していませんでしたよ(-_-;)

まぁその分私が休んでいるときに出社されてるということになるんですが…




そんな少ない社員の方々も一人、また一人と外出されまして…






・・・・・・あれ?

残ったのは私一人ではありませんか(_□_;)




なんか昼間の事務所に一人でいるのは緊張しますね~

何かあっても相談できる人がいないじゃないですか…




まぁでもこんなことも乗り越えていかなければ(⌒^⌒)


だれか帰ってくるまで一人で頑張ります!!


下の写真はさみしい事務所の姿です(T▽T)


e0172341_134239.jpg



それではまた!

# by miraye | 2009-07-29 13:49

最近…(・・;)

最近社長が頻繁にブログを更新しています(⌒▽⌒;)

私はと言えば更新するタイミングを失いながら今日までまた更新をズルズルと先延ばしにしてしましました (≡д≡)


それはそうと今日は皆既日食の日ですね!
鹿児島県の悪石島というところでは日本では一番長く6分半くらい皆既日食が見られるそうですよ!


札幌では部分皆既しか見られないそうで非常に残念ですね(´ヘ`;) 



また仕事とは関係ない話を…(* ̄□ ̄*;


では気を取り直して…




先日私が図面を初めて担当したお客様の現場を見てまいりました!!

やっぱり図面と現場は全然違いますね ( ̄o ̄)

何といいますか…スケール感というか…


e0172341_1083151.jpg



写真は丁度屋根を架けている途中の写真です!

私には覚えることがたくさんあって大変です。


屋根を架ける前にも主任と現場を見に行きましたが私が今まで見たことのない部材や見たことのない加工など色々と勉強させてもらいました。


今は壁を張っているところなので近いうちにまた見学に参りたいと思います!!

なんか話がトビトビですいませんでした(^-^;

ではまた(^-^)ノ

# by miraye | 2009-07-22 10:24

もちろん 勝つ時も有る!!

札幌の建築は、あるいは建築家は、と言ってもいいでしょうが、

他の地方都市と比べて、圧倒的にレベルが高いと思うのです。

まず、積雪寒冷という過酷な気候条件の下、
シェルターとして完全である前提でデザインをしていかなければならない点、
本州と比べて、あきらかに制約が多く、且つそこにお金も余計にかかってしまうわけで、

更に、出来上がってからは、暖房費の問題も「設計の品質」として責任を持たねばならず

先達の試行錯誤や多くの失敗の上に現在の高い建築レベルがあると思うのです。

さてそれはともかく、この家・・・

e0172341_17132227.jpg


お客様は某建築家の事務所に勤務する所員とお友達で、家を建てるなら必ず相談してね
と前々からお話されていたそうです


敷地が見つかり、さあそれではプランニングを始めましょう・・・ということになり、お客様は約束通り、お友達に相談しました


お友達は 「ちょっと時間かかると思うよ、今、先生、すごく忙しいから・・・

お客様   「でも、急いで土地を契約しないと、流れてしまうから、
        どんな建物が出来るのかわからないと、土地を決められないじゃない!?
        簡単でいいから、ちょちょっと作れないの?

お友達   「まず、土地決めちゃってよ、それから先生に話すから・・・



 
私も大卒後3年間、アトリエ系の設計事務所に努めていましたから、そのお友達の心境が良く解ります

弟子として、仕事を持ってくるというのは、大手柄なのですが、
一方で、先生の手を煩わせないために自分の存在意義があるわけで、
自分の範囲で出来るだけの「下ごしらえ」をしてからでないと、先生の前には出せないのです


でも!大事なこと!・・・建てるのは 「お客様だっ!」てことですね。



このやり取りで、お客様は 「なにさ!やる気あんの!? 」  と思ってしまうのでした


一方、当方・・・
まず、プランニングのスピードは札幌の設計屋の中でも1位2位を争うであろう!
と、自負しております。



お湯をかけると3分でできます。

糖尿病予備軍になってから、甘いものを控えざるを得なくなりましたが、
ケーキやシュークリームなども加えますと、更に勢いが増します。

このお客様は 「どら焼き」でしたが・・・




というわけで、相談を受けた次の日にラフプランを提出し、

  「これで土地を買う決心がつきますね?」

  「うわー、この細長い敷地にこんなのできるんですか?土地決めます!」




その後、とんとんと話は進み、契約、着工、完成・・・お引き渡しをして間もなく二年になろうとしています。


勝ったどー!


って?これは競合のうちに入らないか?

ちなみに、某建築家は山の上のさびさびの家に住んでらっしゃる方です

# by miraye | 2009-07-20 10:49 | 負けシェフの晩餐

あいうえお順の1番の彼

建築家とあたるケースはそうそう多くはないのですが、北海道の建築家が、あいうえお順で並ぶと真っ先に出てくる彼とは3回あたり、3回とも撃沈でした。


情けない・・・


e0172341_1710118.jpg


この家は彼と最初にあたった時の一品です


ミライエの事務所から、そう遠くはない場所に、それは建っております


結構広い敷地に親御さんの家がすでに建っており、
二人の子供に少々敷地を分けて建築するという計画で、
既にお姉さん家族の家が建ち、最後に空いた土地に建てるものでした。


すでに建っている2棟が、よく考えないで作られているもんですから大変です


つまり、大きな木のある奥の庭への車動線、たまには3家族でバーベキュー、
一方では独立した家族としてのプライバシー確保、等、
敷地のの使い方・・・繫げ方・・・ちょっと一筋縄ではいかない条件でした

苦悩の末、通り抜け式のカースペースで見事に難問を解いたのですが・・・

やられてしまいました・・・

敗北も忘れかけたころ、偶然敷地の前を通りかかり、彼の作品を見て思ったこと・・・

あー・・・すごい・・・
ここまでやるか・・・
・・・こりゃ負けて当たり前だわ・・・

参りました・・・ 



てな感じで、完全に脱帽でした


若くて、ルックスも良くって、腕もたつ。
道北の田舎に住んでる彼と並んで、今、北海道で最も、ノッてる建築家でしょうな・・・

もうあたりたくないよ・・・おじさんは・・・

# by miraye | 2009-07-17 17:48 | 負けシェフの晩餐